動かないバイクでも高く売る方法とは?

バイクバイクが故障などをして動かなくなると売ってもほとんどお金にならないのではないかと思っている人もいるでしょう。実際にしっかりと問題なく走行するバイクに比べると査定額は下がってしまう可能性も高いですが、動かないから絶対に査定額が低くなるということはありません。高く売るためのコツもいくつかあるのでここでは動かないバイクを高く売るためにはどうすればいいのかについて紹介します。

高く売るためには純正品のパーツにこだわることです。バイクを所有していると自分好みに変えたいと社外品のカスタムパーツを取り付けたりする方もいます。中にはそのままの状態で買い取ってもらう方もいますが、基本的にはカスタムパーツがたくさん付いているバイクよりも純正品の方が需要があるので高く売れると言われています。その為、動かないバイクでカスタムパーツがたくさん付いている場合は純正品のパーツも持ち込むようにすると通常よりも高く売れる可能性があります。カスタムパーツへ変える場合はできる限り純正品は処分せずに保管しておくのがポイントです。

このように、高く売るためのポイントを紹介しましたが、バイクは純正品があるかないかでは売却価格が異なるので頭の中に入れておくといいでしょう。

 

バイクの買取査定時の交渉のコツについて

バイクを買取してもらう前には査定を受ける人が多いかと思いますが、査定時は少しでも高く売りたいと交渉をする人もたくさんいます。しかし、交渉と言ってもいくつかコツがあるので初めて交渉するという方のためにも交渉のポイントについて話します。

まず1つ目のポイントは高く売りたい気持ちと売る意思をしっかり伝えることです。基本的に相場より少しでも高く売りたい場合はバイクに対する思いを伝えることが重要ですし、売りたい意思もしっかりと見せることが大切です。特に売りたい意思を見せることができないと売る気がない人と判断されてしまいそれほど査定額が上がることもありません。査定額を上げるためにはしっかりと高く売りたい気持ちを伝え、売る意思があることもしっかりと伝えるようにしましょう。

2つ目は信頼関係のためにも嘘はつかないことです。例えば事故をしているのに事故はしていないと嘘をついたりすると信頼関係がなくなりリスクなどの面もあるので業者側に売ってほしくないと思われてしまう可能性もあります。嘘の情報を伝えると査定額に影響が出ることもあるので正確で正しい情報を伝えるようにしましょう。このように交渉の際には大切なポイントは2つあります。

Pocket